• Narumi

スポーツと関わる生き方。



そうか。私はスポーツが楽しみに繋がるサポートをしたいんだ。


これまで私はトレーナーと管理栄養士として歩んでいくのならば、プロの選手やトップを目指す選手など、勝つための競技力向上を主にプレーする選手のサポートをと考えていました。

それが私にとっての『向上の形』なのだと疑いもしませんでした。


もちろん、そんな選手の方々と時を共にし、サポートできることもすごく頭を使い、わくわくどきどきする貴重な時間でした。

ここ数年スポーツとの関わり方で、言葉にできない不思議な感情を抱いていることに薄っすらと気づいていました。


私がこの道を進むきっかけになったのは高校の部活動です。

心も体も元気ではない状態で日々を過ごし「もうスポーツはいいかな。」と思いつつも、スポーツで同じ思いをする人の力になれたらとこの道を進みました。

道中、スポーツを通じてたくさんの人と出会い、たくさんの楽しい経験をさせてもらいました。


結局、助けてくれたのもスポーツでした。


詳しくはこちらからご覧ください:『この道に進むきっかけ』



そんなわけで、今回のテーマは『向上とはその分野のトップを目指すだけではない。』です。


この文章を読んで、スポーツやそれ以外の仕事、勉強、趣味など自分が向上したいと思えることを誰かと比べるのではなく、自分軸で歩めるようになってもらえたらとても嬉しいです。


誰かと比べ、それをモチベーションのスパイスとして使えるのであれば、それもいいことだと思います。

ただ、それが重荷となり、課せとなることは違うと思います。


向上とは上に上がって進むことだけど、その『上』は自分が決めるものです。


プロだから、有名だからすごいのではありません。

そういった人になる過程で適切な努力をし、行動したからそのように認識されるようになったのです。



あなたの思う自身の分野の『上』とは何ですか?



私はこれまで競技力向上を主にプレーする選手のサポートができる、力を持った人になろうとしていました。

これはこれからも変わりませんが、スポーツをする人はそういった目的以外の人もたくさんおられ、私にたくさんの経験をくれたスポーツがもっと多くの人の「楽しい!」に繋がるようなサポート・活動をしたいと思いました。


『言葉にできない不思議な感情』は自分自身で『上』を決めつけ、視野を狭めていた結果抱いたものでした。



今回のテーマ『向上とはその分野のトップを目指すだけではない。』と考えるきっかけをくれたのは、たまたまYouTubeで見かけた陸上関連の発信をする方です。


その方は競技をする中で、心と体のバランスを崩してしまい、そこから助けてくれた陸上をよりたくさんの人に「走ることはこんなに楽しんだよ。」と知ってもらう活動を自分自身も楽しみつつ発信されています。


「私がやりたかったのはこれかもしれない。」とお風呂上りのストレッチをしながら、すごく晴れた気分になりました。



比較する誰かは目に映り、自身の考えを揺るがすこともあるかもしれません。

そんなときには自身に問ってほしいです。


・何をしているとき気分が高揚するかな?

・どんな環境のとき行動したくなるかな?

・だれを思って選択しているかな?

・なぜ自分はこの道を選んできたのかな?



向上とは上に上がって進むことだけど、その『上』は自分が決めるもの。


この文章を読んで、スポーツや仕事、勉強、趣味など自分が向上したいと思えることを自分軸で歩めるようになる、そんなきっかけづくりができていれば幸いです。



生きていれば、何通りもの道があります。

スポーツという分野にも数えきれないほどの関わり方があります。

私も向上するために、私の『上』を求めて歩んでいきます。


あなたも何か踏み出してみませんか?

出会いは踏み出した先にあるかもしれません。




▼Pomu official channel▼


Website:

https://www.pomu-tree.com/


Instagram:

https://www.instagram.com/pomu_2020/


Online salon: BaStep

https://note.com/pomu2020/circle


Podcasts: なにも得られない15分

https://www.pomu-tree.com/podcast


#広島 #福山 #パーソナルジム #トレーナー #管理栄養士 #栄養士 #健康 #スポーツ #ライフスタイル #エッセイ #スポーツと関わる #スポーツを楽しむ #向上の形

0件のコメント

最新記事

すべて表示